【交際編】文化の違い!? 私はいつから彼女なの?

私の国際結婚

婚活サイトで出会った彼とデートを始めて1カ月以上、連絡はほぼ毎日メールで取り合い、週に2回ほどデートを続けていました。慎重派の私は、「この人本当に信用できるかな?」と常に自分に問いかけていた気がします。

好きって言われてないけど、キスしていいの?

告白されてないのに、お泊り誘われちゃった!。

家族に紹介されたんだけど、僕って彼氏扱い?

こんなモヤモヤを抱えつつ2カ月を過ぎたある日、近く購入を考えているマンションの下見に一緒に行かないかと誘われました。当時あまり深く考えてなかった私は、物件見るの好きだし、いいかな〜と軽く考えていたのですが、下見を終えて、感想を聞かれた私がすごく良かったと答えると、なんと彼は一緒に住まないかと聞いてきました。そこでこんな疑問が飛び出しました。「私、あなたの彼女ですか?ここがポイントです。外国人、主に欧米人には、日本のような告白→カップル誕生というイベントは必須ではないのです。そこにこだわりすぎているのは、日本人のみです。

 

外国人と日本人のカップル誕生の感覚の違い

  1. 告白という概念がない
  2. 家族や親戚に紹介する=彼女である可能性が高いが確実ではない
  3. I like you (あなたが好きです)とI love you (あなたを愛してる)は別物

そもそも「付き合ってください」という感覚が欧米にはないのです。典型的な日本人の私は、「私はあなたの彼女ってことでいいんだよね?」と何度も確認してしまったほどです。自分に自信がなかったこともありますが、こんなこと自分から相手に聞くなんて、図々しいかなと本当にお恥ずかしい話です。好き同士は、お互いを想い合う、体に触れ合う、言葉で伝え合うという、ごく自然な形から彼氏彼女というフレームにはまっていくのです。逆に日本人は、彼氏彼女というフレームを作ってから前述した行為を進めていきますよね。このように考えると、欧米の方が自然な流れに沿っていると感じるのは私だけでしょうか?

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました