1.【パートナービザ】はじめに

ビザ申請する前に

私はオーストラリア滞在歴が長く、こちらで大学も卒業(ちょーギリギリで単位取れましたw)したので、英語に関して苦手意識はありませんでした。そんな私や彼(生粋のオージー)が読んでも、移民局のウェブサイトに記載されてる説明があいまいであったり、絶対に必要な書類はこれだけです!といった、要件はどこにも書かれていません。それがパートナービザ申請の最大の難関なのです。100組のカップルがビザ申請をしたら、100通りの異なる書類が用意されることになります。。

オーストラリアのパートナービザ申請は、準備に時間も労力もかかります。二人が一緒にいるために、このプロセスを行っているにもかかわらず、この準備期間中にお互いにストレスを溜め、ケンカをして別れてしまうといったカップルを何組もみてきました。脅しで言ってるのではないですよ。本当の話です。

では、なぜオーストラリア政府がパートナービザ申請において、これだけ複雑で手間のかかるプロセスを実施しているのでしょうか?

それには理由があります。

その背景には、移民することのみを目的とする偽装カップルや、すでに永住権を持つ人が移民したい人向けに自分のステータスを売るビジネスを裏で行われている事情があるのです。そんな悪徳な人々の前に、国や文化が違っても純粋に愛し合っているから一緒にいたいと願うカップルがいる、今この記事を読んでいるあなたがそうであることを決して忘れないで欲しいと思います。

もう一度、言います。

ビザ申請には、多大な時間と労力、費用がかかります。分からないこと、不安なことがたくさん出てきます。我慢強く、謙虚に、最後まであきらめずに作業を進めてください。そして、何よりパートナーへの思いやりと感謝の気持ちを忘れないで下さい。本来、同じ国の同じ言語を話す相手と恋愛をしていれば、こんな複雑なことはしなくて済みます。別の国から来た、異なる言語を話し、異なる文化を持つあなたという存在を愛しているからこそ、一言で言ってしまえば、とてつもなく面倒くさい作業を多大な労力と高額な申請費用をかけて行っているのです。そうです。オーストラリアは他文化を認め、受け入れる国なのです。このプロセスを二人で乗り越えてこそ、改めてお互いのそばにいられることに幸せを感じ、新たな絆が生まれると思って下さい。逆にこのプロセスを乗り越えられず、ケンカ別れをしてしまうようなパートナーだったのなら、ここで確認できて良かった!ということにしましょう。運命のパートナーではなかったのです。

二人が申請に踏み切る前に、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。この記事が、国際結婚に向けて頑張ろう!というカップルのお役に少しでも立てれば光栄です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました